読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hiro×府城男児

平成28年9月から始める大阪での留学生活を記録し、台湾での出来ことを語る。

咽ぶ因に食ふを廃す、ポケモンGOについて随筆

タイトルにある文の原文は「因噎廢食」です、書き下ろしをしたいですが、正しいかどうかわかりません。宜しくお願いします。 僕自身はやっていないが、ポケモンGOは、まさにこの科学技術の頂点に立つ21世紀に相応しいゲームと言っても過言ではない。 新聞や…

壱、混沌出世 大鳳慈悲 / 壱章の二

前編 - 壱、混沌出世 大鳳慈悲 / 壱章の始まり - Hiro×府城男児 - 凡歩平は剣を鞘に戻し、 目を瞑った。 すると、 「師匠、人が近づきます。」と、 「息が急ぎ、足取りも重い。さぞ疲れてるな。」 「弟子が見てきます。」 話が済むと、 間もなく木の上で身を…

武侠小説について随筆

硬い表現で書きたいんですが、宜しくお願いします。( ´∀` ) 皆さんは「武侠小説」というものをご存知でしょうか。 僕の印象では、武侠小説とは中国風のファンタジー小説である。「武侠」とは文字通りに「武力を持つ侠客」である。その武力は現実を越え、超…

台湾で​の「食事マナー」

伝統的な台湾人(四十代以上)は食事中、ご飯を食べながら、今日の細かい出来事から、世界の動向という深刻なテーマまで、語り合う傾向がある。 食事の最中、台湾人は自分の箸で、自分の好きな料理を客のお椀に取ってあげ *1、杯を交わし、酒を一口で飲み干…

財布を盗まれたら、どうしますか

先日ネットで、ある人はが財布に泥棒へのメッセージを入れたというニュースを見ました。*1 面白いと感じました。 この人はさぞかしユーモアのある人なのですね。それだけではなく、凄いと思います。 人の話はおいといて、僕の場合だったら、怒るかもしれませ…

青臭い僕の一言

もうすぐ社会人になる僕を振り返ると、中学校時代の自分を見て、懐かしくて、口元にちらっと微笑みが浮かびました。 あの時の僕は、大人の世界の何もかも分かりませんでした。頭にあったのは、好きな子とできるだけ、喋りたいということです。 その時の僕は…

台湾には「猫」と結婚するのか?

(見出し詐欺、やはり僕には記者の才能がある(?) 台湾には「娶貓某、嫁貓尫」と言う諺があります。 直訳すると「猫の嫁を娶り、猫の婿に嫁ぐ」です。 しかし、この「猫」意味は「痘痕の顔」です。 この言葉は大人が子供に「ご飯を残さずに食べなさい」と…

バイトに、 本気を出す必要はあるの?

僕は台湾で一年間余り、飲食店でバイトをしていた。その店は、日本にはないらしい。僕がバイトをしていたのは、自在軒(zi4 zai4 xuan1)という店だ。(http://www.easehometw.com )普通に言うと、こんな飲食店には、タピオカミルクティー、緑茶、紅茶、冬…

同性愛者とは怪物?

別に同性愛者のためだけじゃない。ただただ僕は多数決ということが気に食わないだけだ。この世界ではまともじゃない人間が多数を占めてくると、僕たちはそいつらに左右されることが気に食わないんだよ。だから弱者を助け、胸を張り大きな声をあげる。ドイツ…

「工具人」という言葉を知ってますか

台湾には、「工具人」という言葉に「道具として扱われている人」と定義されています。 それと反対するのは「壞男人」、そして両者の間にいるのは「暖男」です。 まずは「工具人」から書こうと思います。 普通に言うと、「工具人」になるのは「ルーザー」です…

台湾には「女権は食べ放題であるもの」という現象がある

残念ながら、この考えは「台湾ならではのこと」だと思います。これは台湾男子の悲惨な実話です。(´;ω;`) もはや台湾の「女権」(女性の権利)は「男権」を凌ぐ存在です。 数多くの台湾の女子は「男女平等」を求める場合は必ず「女権」を声高に叫びます。 し…

「プリンセス病」?僕自身の体験談

台湾には、「プリンセス病」という言葉があります。実在の病じゃなく、若者言葉、或いはサブカルチャーの間で流行っている言葉です。 「プリンセス病」にある定義が下されました。「姫様じゃなく、ただ病気(精神病)に罹った人間である」。 言いすぎだと思…

台湾人の僕は中国語が嫌い

また見出し詐欺 中国語が嫌いとはいえ、 僕は台湾語と漢文が好き、 嫌いなのは、 普通話だけ。 僕が基本的に、 コミュニケーションできる言語の、 (英語はへたくそ、勉強中なんだけど) お気に入りランキングは、 1.漢文(文言) 2.日本語(共通語) 3.閩南…

壱、混沌出世 大鳳慈悲 / 壱章の始まり

壱章は「神に選ばれた人の殺された物語」と書こうと思います。 副タイトルは「誤ったこの世界と戦い続ける」です。 - 序章の続き 朝の太山(たいざん)は、雲に呑まれ、日が差さないために、霧が濃く、水気が漂い、真っ白くなっている。山頂は、妙に静かな様…

零、四象和合 仙人降臨 / 序章後編

「老師はどなたじゃな、わしには見覚えがありません。」「貧道(ひんどう)はあの山から来た。お孫さんに贈り物がござる。」と、その老人が遠い山を杖で指した。村長が、その杖の先を沿い、窓から眺め、月の光に照らされ、星の下にある山の影は、高く、険し…

零、四象和合 仙人降臨 / 序章中編

村人がついた時、その小部屋の内には、妙な香りが漂っていた。それが、白檀の匂いなのか、或いは、蘭の香りなのか判らない。ただ一つ判ることがある。それが嗅いだことのない、匂いなのである「村長様、元気な赤ん坊ですね。おめでとうございます。」と、召…

零、四象和合 仙人降臨 / 序章前編

深夜、畑からある声が響いた。それはおっとりとした声。響くと、 心が快く、ほっこりとした。それがある動物の鳴き声かどうかわからん。ただ、その声を聴くのは、生まれて初めての快感となった。村長によると、それが麒麟の鳴き声らしかった。村長は六十代の…

台湾人の僕が「一つの中国」に関する思い

最初に言うが、台湾人として生まれたのは、誇り高いことだと思う。我々の先祖は「閩南裔台灣人」*1 と呼ばれ、先祖たちは、17世紀以降、中国の福建省から台湾に大量移住し、原住民*2 と通婚した。故に、今の台湾人がいる。我々台湾人は、紛れもなく、漢人の…

台湾は悪口で挨拶

見出し詐欺だと思ったら、甘いですよ。 教科書に書いてある挨拶言葉は、 「吃飽沒」などの話だと思います。 (直訳は「お腹いっぱいか」だけど、 本当の意味は「お元気ですか」。) ですが、 若者やおっさんなどは、 ふざけて、 「你怎麼還沒死」 「てめぇ、…

僕の故郷、台南 My Hometown,Tainan その1

台湾に来る外国人は、 殆ど首都の台北へ行く傾向がある。 故郷の台南には、 外国人があんまり見られない。 台南には台北のように、 便利なMRT(地下鉄)がなく、 101のような高いビルもなく、 それでも、僕は台南が好きんだ。 中国語のほかに、 台南人は*閩南…

僕について、このブログについて

こんにちは、 台湾台南市出身、 二十代の男性、 Hiro(ヒロ)と申します。 平成28年9月から、 大阪国際大学へ留学しに行きます。 留学生活で起きた細かいこと、 僕は隅々まで書き込みます。 ですが、 その前に、 気持ちの調整や、 自分の日常生活について書…