読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hiro×府城男児

平成28年9月から始める大阪での留学生活を記録し、台湾での出来ことを語る。

零、四象和合 仙人降臨 / 序章中編

村人がついた時、
その小部屋の内には、
妙な香りが漂っていた。

それが、
白檀の匂いなのか、
或いは、
蘭の香りなのか判らない。
ただ一つ判ることがある。
それが嗅いだことのない、
匂いなのである

「村長様、元気な赤ん坊ですね。おめでとうございます。」
と、召し使いの女の子が言った。
「よく見ると、村長とよく似ていますね。」
「そうですね。きっと立派な男になりますよ。」
と、まわりの村人がまた騒がしくなった。

村長は周りを構わずに、
召し使いから、
孫を渡され、
慎重に抱き、
赤ん坊の顔を、
じっと見ている。

目も、耳も、鼻も、口も、
すべては整っていて、
眉毛が厚く、
目が大きい。
それに、
手も、足も、
力強く足掻いている

しばらくの間、
村人も、召し使いも、娘でさえ、
目に入っていない。
ただただ口を閉めることすらできないほど笑っている。

「玉(ぎょく)、わが凡家(ぼんけ)の子が堅実に暮らすように、わしが凡步平(ぼんほへい)と名付ける。どうだい。」
と、娘の名を呼び、村長が言った。

玉は微笑み、

一言も出なく、

ただ寝台で赤ん坊を見つめている。

突然、
「いい名前じゃ」
と、門から一人の老人が入ってきた。

その老人は髪も髭も真っ白く、
木の杖を右手に持ち、
身には緩く、素朴な道袍を着ていた。

 

つづく

-

Judaさん、
ありがとうございました。

http://lang-8.com/kakukangen/journals/58409416776298966220542693064303953840